社会保険研究所

小社は厚生労働省をはじめ社会保障の関係機関に長年、取材を重ね、報道・出版事業を展開して…

社会保険研究所

小社は厚生労働省をはじめ社会保障の関係機関に長年、取材を重ね、報道・出版事業を展開してきました。その蓄積を活かし、医療・介護・福祉・年金・労働に関する情報を総合的にご提供します。

マガジン

  • 新しい年金時代

    年金実務に携わる皆さまに、公的年金等を中心とした制度改正の動向や実務情報をお届けします。定期購読(月500円)のほか、読みたい記事だけ各100円でご購入いただけます。

  • 社会保険旬報 Web医療と介護

    • 3,258本

    医療・介護の制度動向を中心に「確かな」ニュースや読み物を提供。メール会員には週1回新着記事の見出しをお届けします。

  • 年金時代(無料版)

    年金・雇用労働関連のニュースや連載記事を掲載している無料マガジンです。

  • 【動画】令和4年度からこう変わる! 公的年金制度

    さまざまな年金セミナーで実績のある特定社会保険労務士の三宅明彦先生の講義を動画にしました。 年金口座獲得の推進や、年金の相談業務を行っている金融機関のご担当者様を想定した講義内容です。

  • 【動画】公的年金基礎研修~金融機関の年金口座獲得のために~

    サンプル動画はこちら ⇒ https://youtu.be/ucp6D3ifDzc 年金口座獲得の推進や、年金の相談業務を行っている金融機関をご担当者様を想定した講義内容です。講義形式の動画配信のほか、そのレジュメや理解度チェック・解説のダウンロードができます。講師はさまざまな年金セミナーで実績のある特定社会保険労務士の三宅明彦先生をお招きしました。

リンク

記事一覧

生活保護の医療機関での窓口負担に委員が反対(7月27日)

社会保障審議会の生活困窮者自立支援及び生活保護部会は7月27日、医療扶助の適正化について議論した。 部会には、国と地方の実務者協議の議論の整理が示された。生活保…

データヘルス改革実現へ実施体制を強化(7月28日)

厚労省は7月28日、データヘルス改革推進本部を開き、4日に発表したデータヘルス改革推進計画と支払基金業務効率化・高度化計画の具体化に向けて省内の実施体制の強化を図…

「厳しい改定だが活路を見出す」鈴木保険局長が就任会見 (7月28日)

厚労省の鈴木俊彦保険局長は7月28日、専門誌による厚生日比谷クラブとの就任会見に応じた。 次期診療報酬改定の改定率については、「厳しい中でどうやって活路を見出す…

中医協が認知症治療病棟入院料を議論(7月26日)

中医協は26日の総会で、次期診療報酬改定の第1ラウンドの議論の最後として、認知症治療病棟入院料を議題にした。 同入院料は様々な加算を含む包括点数だが、出来高算定で…

8月から介護の利用者負担上限を引上げ(7月25日)

政府は25日、介護保険法施行令等の一部を改正する政令を閣議決定した。 高額介護(予防)サービス費の支給要件と支給額を見直し、住民税課税世帯に属する被保険者が介護サ…

6月審査分で薬局調剤の点数が前年比で減少(7月25日)

厚労省は25日、平成28年の社会医療診療行為別統計の結果を発表した。 支払基金と国保連における28年6月審査分のレセプトを集計対象とした。 医科入院1件あたり点数は前…

生活保護の医療機関での窓口負担に委員が反対(7月27日)

生活保護の医療機関での窓口負担に委員が反対(7月27日)

社会保障審議会の生活困窮者自立支援及び生活保護部会は7月27日、医療扶助の適正化について議論した。

部会には、国と地方の実務者協議の議論の整理が示された。生活保護受給者の頻繁な受診への対策として医療機関の窓口負担導入に関しては、必要な医療まで控えないようにするなど複数の課題が上げられた。

日本医師会の松本吉郎委員をはじめ、複数の委員が窓口負担の導入に反対した。

データヘルス改革実現へ実施体制を強化(7月28日)

データヘルス改革実現へ実施体制を強化(7月28日)

厚労省は7月28日、データヘルス改革推進本部を開き、4日に発表したデータヘルス改革推進計画と支払基金業務効率化・高度化計画の具体化に向けて省内の実施体制の強化を図ることを確認した。

必要となる予算は来年度の概算要求で対応することとし、来年の通常国会への所要の法案提出を念頭に作業を進めていく。

具体的には、①外部有識者によるアドバイザリーグループの新設②医務技監が副本部長兼事務局長として統括

もっとみる
「厳しい改定だが活路を見出す」鈴木保険局長が就任会見 (7月28日)

「厳しい改定だが活路を見出す」鈴木保険局長が就任会見 (7月28日)

厚労省の鈴木俊彦保険局長は7月28日、専門誌による厚生日比谷クラブとの就任会見に応じた。

次期診療報酬改定の改定率については、「厳しい中でどうやって活路を見出すかに尽きる。関係者と力を合わせて乗り切りたい」と述べた。

社会保障費の自然増1300億円の抑制が課される中で、プラス改定の財源が当面薬価財源しか見当たらないことに対しては、「財源が先にあっての改定ではない。国民のためになる改定を実現

もっとみる
中医協が認知症治療病棟入院料を議論(7月26日)

中医協が認知症治療病棟入院料を議論(7月26日)

中医協は26日の総会で、次期診療報酬改定の第1ラウンドの議論の最後として、認知症治療病棟入院料を議題にした。

同入院料は様々な加算を含む包括点数だが、出来高算定できる加算も一部ある。

委員からは加算の新設を含め、患者のBPSD(認知症に伴う行動・心理症状)や身体合併症に対応できる評価が必要との意見が相次いだ。

8月から介護の利用者負担上限を引上げ(7月25日)

8月から介護の利用者負担上限を引上げ(7月25日)

政府は25日、介護保険法施行令等の一部を改正する政令を閣議決定した。 高額介護(予防)サービス費の支給要件と支給額を見直し、住民税課税世帯に属する被保険者が介護サービスを利用した場合の利用者負担額の月額上限を現行の3万7200円から4万4400円に引上げる。 施行は8月1日から。

年間の上限について3年間の特例も設けられる。

同じ世帯の第1号被保険者の利用者負担割合が1割であり、現役並み所

もっとみる
6月審査分で薬局調剤の点数が前年比で減少(7月25日)

6月審査分で薬局調剤の点数が前年比で減少(7月25日)

厚労省は25日、平成28年の社会医療診療行為別統計の結果を発表した。 支払基金と国保連における28年6月審査分のレセプトを集計対象とした。

医科入院1件あたり点数は前年比1.4%増の5万965.6点、1日あたり点数は2.7%増の3276.8点、医科入院外1件あたり点数は0.8%増の1319.8点、1日あたり点数は2.1%増の844.6点だった。

薬局調剤の1件あたり点数は前年比3.0%減の

もっとみる