見出し画像

【年金時代】連載記事の目次です。

令和6年度の年金額が決まりました。


2024年新連載です。ぜひご一読ください。

年金制度改正の議論を読み解く

わたしのねんきんエピソード



 記事の更新情報はメールにてお送りしています。ぜひご登録ください。


年金、雇用・労働、子育て支援などの制度の内容や改正情報について、社会保険労務士や大学教授をはじめとする専門家、有識者が解説しています。

『新しい年金時代』(有料)と『年金時代(無料版)』のふたつのマガジンは、社会保障の専門出版社📖社会保険研究所の公式noteアカウントが運営しています。



🔹新しい年金時代🔹(定期購読マガジン)


制度を知り実務に役立てる

三宅社労士の年金実務セミナー

実務サポート 年金手続update


わたしのねんきんエピソード

もっと知りたい! わたしのねんきん

年金・税金 わたしの相談事例 公開します


事例でみる 障害年金請求の勘所

実務に役立つ 遺族年金のしくみと手続


これだけは知っておきたい!年金改正のポイント


年金制度を深掘り

年金制度改正の議論を読み解く

法律で読み解く年金制度

数理の目レトロスペクティブ


Web年金時代 リターンズ

1973年2月に創刊した月刊年金時代は、2017年3月まで半世紀近くにわたり、「年金制度の正確な情報提供」と「年金制度の持続可能性への貢献」を編集方針として誌面を通じお伝えしてきました。
2017年4月13日からは、情報提供の手段・方法を月刊誌からウェブにかえてWeb年金時代としてから再スタートしました。そして7月から、有料版として定期購読マガジンnote年金時代がスタートしました(2022年8月まで)。
新しい年金時代は、2022年9月よりnote年金時代にかわり新たにスタートした定期購読マガジンです。
2023年4月11日に、新しい年金時代はnoteにあらたに開設した社会保険研究所メディアサイトのマガジンとなり、Web年金時代が提供してきた情報は年金時代(無料版)としてnoteの社会保険研究所メディアサイトから発信することとなりました。

新しい年金時代では、2017年4月から2023年4月までWeb年金時代に掲載していた連載記事の一部を再掲しています。

Web年金時代掲載記事より


居酒屋ねんきん談義


労働者協同組合という働き方


謎の新興国 アゼルバイジャンから




新しい年金時代の読みかた

新しい年金時代は、noteの定期購読マガジンです。
月額500円で、購読している月に掲載された記事をどれでも読むことができます。
定期購読マガジンの購読方法については、noteヘルプセンターでご確認ください。

定期購読マガジンを新規購読する – noteヘルプセンター (help-note.com)

購読開始時に課金します。購読停止のお手続きをされない限り、毎月1日に自動で課金となり、購読が継続されます。

また、読みたい記事だけを購入することもできます。
定期購読をはじめる前の記事は、読みたい記事のみを購入すると読むことができます。

有料記事を購入する(購入方法) – noteヘルプセンター (help-note.com)

なお、スマホ、タブレット(iOS、Android)のnoteアプリでは、マガジンや記事の購入はできません。ブラウザより購入してください。

(記事の内容は、公開時点の情報に基づいています。)

無料で読める実務情報の記事もあります。
無料で配信している年金や雇用・労働関連のニュース記事もあります。


🔸年金時代🔸(無料版)


ニュース


インタビュー

このひとに聴く


寄稿


年金

年金のプロによる 年金相談ROOM

ねんきん最前線 市区町村VOICE


雇用・労働

プロが伝える 労働分野の最前線


編集長考える

時々刻々


Web年金時代掲載記事より

社労士と考える 令和時代のライフプラン ~セカンドステージの安心のために~

知ってます?年金の繰下げ



メール会員 募集中

メールにて記事の更新情報などをお送りしています。
ぜひご登録ください

◇noteからの通知メールはOFFにできます。◇
「年金時代」の更新情報は、年金時代編集部から送るメールのほか、noteからもメールで送られています。
noteからのメールは、次のように設定することで、受け取らないようにすることができます。
パソコン・スマホ・タブレットのブラウザの場合
1 画面右上の【自分のアイコン】をクリック→【アカウント設定】をクリック
2 【通知】をクリック→「通知を受け取る」欄の【メール】をクリック
3 「メール通知」が開きます→【マガジン更新のお知らせ】をクリック(オフにする=ボタンの色がグレーになります)
 ※同様にnoteから送付される他のメール通知の設定ができます。


X/Twitterで、おすすめ記事や年金制度の情報をつぶやいています。


社会保険研究所では、年金図書の販売のほか、
動画によるWeb年金セミナーをnoteでも販売しています。
特定社会保険労務士の三宅明彦先生によるわかりやすい講義です。
理解を深めるレジュメがついています。


医療・介護の制度動向は、社会保険旬報のマガジンで発信しています。



企業年金基金様向けコンテンツ

季刊誌『年金時代』は、年金受給者向けの広報誌におすすめです。



新しい年金時代トップへ戻る



社会保険研究所公式サイト     https://www.shaho.co.jp/  
社会保険研究所メディアサイト      https://media.shaho.co.jp/
社会保険研究所ブックストア    https://shop.shaho.co.jp/  


続きをみるには

残り 0字
国内でも有数の年金に特化したメディアです。

年金実務に携わる皆さまに、公的年金等を中心とした制度改正の動向や実務情報をお届けします。定期購読(月500円)のほか、読みたい記事だけ各1…

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。