社会保険研究所

小社は厚生労働省をはじめ社会保障の関係機関に長年、取材を重ね、報道・出版事業を展開して…

社会保険研究所

小社は厚生労働省をはじめ社会保障の関係機関に長年、取材を重ね、報道・出版事業を展開してきました。その蓄積を活かし、医療・介護・福祉・年金・労働に関する情報を総合的にご提供します。

マガジン

  • 新しい年金時代

    年金実務に携わる皆さまに、公的年金等を中心とした制度改正の動向や実務情報をお届けします。定期購読(月500円)のほか、読みたい記事だけ各100円でご購入いただけます。

  • 社会保険旬報 Web医療と介護

    • 3,258本

    医療・介護の制度動向を中心に「確かな」ニュースや読み物を提供。メール会員には週1回新着記事の見出しをお届けします。

  • 年金時代(無料版)

    年金・雇用労働関連のニュースや連載記事を掲載している無料マガジンです。

  • 【動画】令和4年度からこう変わる! 公的年金制度

    さまざまな年金セミナーで実績のある特定社会保険労務士の三宅明彦先生の講義を動画にしました。 年金口座獲得の推進や、年金の相談業務を行っている金融機関のご担当者様を想定した講義内容です。

  • 【動画】公的年金基礎研修~金融機関の年金口座獲得のために~

    サンプル動画はこちら ⇒ https://youtu.be/ucp6D3ifDzc 年金口座獲得の推進や、年金の相談業務を行っている金融機関をご担当者様を想定した講義内容です。講義形式の動画配信のほか、そのレジュメや理解度チェック・解説のダウンロードができます。講師はさまざまな年金セミナーで実績のある特定社会保険労務士の三宅明彦先生をお招きしました。

リンク

記事一覧

1000万円以上高額レセプトは1517件で過去最多(9月21日)

健保連は9月21日、令和3年度高額レセプト上位の概要を公表した。 令和3年度(令和3年1月16日~令和4年1月15日)に申請された医療費のうち、1か月の医療費が1000万円以上…

次期国民健康づくり運動プランの策定へ検討開始 2024年度から新たな計画期間(9月26日)

厚生科学審議会地域保健健康栄養部会の「次期国民健康づくり運動プラン(令和6年度開始)策定委員会」は9月26日、初会合を開き、2023年度で終了する「健康日本21(第二次…

介護保険部会が次期制度改正へ「給付と負担」を議論(9月26日)

社会保障審議会の介護保険部会は9月26日、次期制度改正に向け、給付と負担をテーマに議論した。 ケアマネジメントへの利用者負担導入や軽度者の生活援助サービス等の地域…

支払基金、電子カルテ情報の共有基盤システム開発着手へ(9月27日)

社会保険診療報酬支払基金の橋本敬史理事長特任補佐は9月27日の会見で、来年度から電子カルテ情報の共有基盤のシステム開発に着手できるように令和4年度事業計画と予算変…

医療DX令和ビジョン2030厚労省推進チームが発足 診療報酬「共通算定モジュール」などを検討(9月22日)

厚生労働省は9月22日、「医療DX令和ビジョン2030」厚生労働省推進チームを発足させた。 加藤勝信厚労相をチーム長に、関係課室長などで構成。「電子カルテ・医療情報基盤…

三宅社労士の年金実務セミナー|#9 税金・健康保険と年金の繰下げ受給・遡り受給との関係 

65歳時の年金相談の際には、年金だけでなく、健康保険や雇用保険への加入の仕方や保険料、また税金に関する知識があると、アドバイスの内容がより充実します。今回は、年金…

100
1000万円以上高額レセプトは1517件で過去最多(9月21日)

1000万円以上高額レセプトは1517件で過去最多(9月21日)

健保連は9月21日、令和3年度高額レセプト上位の概要を公表した。

令和3年度(令和3年1月16日~令和4年1月15日)に申請された医療費のうち、1か月の医療費が1000万円以上の件数は、前年度より152件増の1517件で過去最多となった。近年保険収載された高額医薬品の影響が大きいことを要因にあげた。

月額医療費上位100件のうち、脊髄性筋萎縮症(SMA)治療薬「ゾルゲンスマ点滴靜注」(1患者当

もっとみる
次期国民健康づくり運動プランの策定へ検討開始 2024年度から新たな計画期間(9月26日)

次期国民健康づくり運動プランの策定へ検討開始 2024年度から新たな計画期間(9月26日)

厚生科学審議会地域保健健康栄養部会の「次期国民健康づくり運動プラン(令和6年度開始)策定委員会」は9月26日、初会合を開き、2023年度で終了する「健康日本21(第二次)」に続く次期プランの策定に向けて検討を開始した。

来年春を目途に次期プランを公表し、それを踏まえて2023年度に都道府県等が健康増進計画を策定。2024年度から次期プランをスタートする。委員長は辻一郎部会長を選任した。

厚労省

もっとみる
介護保険部会が次期制度改正へ「給付と負担」を議論(9月26日)

介護保険部会が次期制度改正へ「給付と負担」を議論(9月26日)

社会保障審議会の介護保険部会は9月26日、次期制度改正に向け、給付と負担をテーマに議論した。

ケアマネジメントへの利用者負担導入や軽度者の生活援助サービス等の地域支援事業への移行について、サービス事業者をはじめ慎重な意見が多かったが、保険者代表は賛成を示した。

厚労省は給付と負担の論点として、次の7つをあげた。

被保険者範囲・受給者範囲

補足給付の給付のあり方

多床室の室料負担

ケアマ

もっとみる
支払基金、電子カルテ情報の共有基盤システム開発着手へ(9月27日)

支払基金、電子カルテ情報の共有基盤システム開発着手へ(9月27日)

社会保険診療報酬支払基金の橋本敬史理事長特任補佐は9月27日の会見で、来年度から電子カルテ情報の共有基盤のシステム開発に着手できるように令和4年度事業計画と予算変更を行うことを発表した。

骨太の方針2022において、全国医療情報プラットフォームの創設が明記されたことへの対応。

令和4年度事業計画において「全国の医療機関等で電子カルテ情報を確認できる仕組みの構築について、厚労省と連携を図りつつ、

もっとみる
医療DX令和ビジョン2030厚労省推進チームが発足 診療報酬「共通算定モジュール」などを検討(9月22日)

医療DX令和ビジョン2030厚労省推進チームが発足 診療報酬「共通算定モジュール」などを検討(9月22日)

厚生労働省は9月22日、「医療DX令和ビジョン2030」厚生労働省推進チームを発足させた。

加藤勝信厚労相をチーム長に、関係課室長などで構成。「電子カルテ・医療情報基盤タスクフォース」と「診療報酬改定DXタスクフォース」を設置する。岸田総理を本部長として近く設置予定の「医療DX推進本部」に対し、進捗状況を定期的に報告する。

第1回会合においてチーム設置の趣旨を述べる加藤勝信厚労相(中央)=9月

もっとみる
三宅社労士の年金実務セミナー|#9 税金・健康保険と年金の繰下げ受給・遡り受給との関係 

三宅社労士の年金実務セミナー|#9 税金・健康保険と年金の繰下げ受給・遡り受給との関係 

65歳時の年金相談の際には、年金だけでなく、健康保険や雇用保険への加入の仕方や保険料、また税金に関する知識があると、アドバイスの内容がより充実します。今回は、年金相談事例に基づいて、年金とその周辺知識について説明します。

【事例1】60歳で再雇用、65歳から別会社でパート、年金は70歳に繰下げ◆健康保険について

まず、65歳からの健康保険ですが、任意継続被保険者として1年くらい加入してから国民

もっとみる