社会保険研究所

小社は厚生労働省をはじめ社会保障の関係機関に長年、取材を重ね、報道・出版事業を展開して…

社会保険研究所

小社は厚生労働省をはじめ社会保障の関係機関に長年、取材を重ね、報道・出版事業を展開してきました。その蓄積を活かし、医療・介護・福祉・年金・労働に関する情報を総合的にご提供します。

マガジン

  • 新しい年金時代

    年金実務に携わる皆さまに、公的年金等を中心とした制度改正の動向や実務情報をお届けします。定期購読(月500円)のほか、読みたい記事だけ各100円でご購入いただけます。

  • 社会保険旬報 Web医療と介護

    • 3,258本

    医療・介護の制度動向を中心に「確かな」ニュースや読み物を提供。メール会員には週1回新着記事の見出しをお届けします。

  • 年金時代(無料版)

    年金・雇用労働関連のニュースや連載記事を掲載している無料マガジンです。

  • 【動画】令和4年度からこう変わる! 公的年金制度

    さまざまな年金セミナーで実績のある特定社会保険労務士の三宅明彦先生の講義を動画にしました。 年金口座獲得の推進や、年金の相談業務を行っている金融機関のご担当者様を想定した講義内容です。

  • 【動画】公的年金基礎研修~金融機関の年金口座獲得のために~

    サンプル動画はこちら ⇒ https://youtu.be/ucp6D3ifDzc 年金口座獲得の推進や、年金の相談業務を行っている金融機関をご担当者様を想定した講義内容です。講義形式の動画配信のほか、そのレジュメや理解度チェック・解説のダウンロードができます。講師はさまざまな年金セミナーで実績のある特定社会保険労務士の三宅明彦先生をお招きしました。

リンク

記事一覧

日看協の福井会長「すべての看護職員に十分な保障が必要」 医療職俸給表の見直し求める(6月28日)

日本看護協会の福井トシ子会長は6月28日の会見で、中医協で議論が進められている看護の処遇改善について、対象者が看護職員の3分の1にとどまることを問題視し、すべての…

在宅医療で活躍する訪問看護ステーションが押さえておきたい令和4年度診療報酬改定の3つのポイント

令和4年診療報酬改定で医療保険の訪問看護が変わっています!令和4年4月から、診療報酬の改定が行われました。その一環として医療保険の訪問看護も、質の高い在宅医療・…

日本医師会会長に松本吉郎氏が当選(6月25日)

日本医師会は6月25日に定例代議員会を開き、令和3年度決算や事業報告を了承するとともに、役員選挙を実施した。会長選は松本吉郎氏と松原謙二氏の一騎打ちとなり、松本氏…

日本地域医療学会が記念集会を開催 サブスぺ認定へ地域医療総合専門医制度を開始(6月24日)

日本地域医療学会(理事長=小野剛・全国国民健康保険診療施設協議会会長)は6月24日に設立記念集会を開催した。地域医療総合専門医のサブスペシャルティ認定に向け、地域…

コロナ有識者会議の報告書とりまとめを受け永井座長が会見 司令塔機能のあり方を中心に検討(6月21日)

政府の新型コロナウイルス感染症対応に関する有識者会議の座長を務めた永井良三・自治医科大学学長が6月21日に会見を開き、これまでの議論を総括した。 永井座長は、「日…

【新刊】医科点数表の解釈(令和4年4月版)

各審査機関にも長年使用される医療関係者必携の書である「医科点数表の解釈(令和4年4月版)」を発刊しました。 「根拠のある情報」を「見やすさ」「使いやすさ」を重視…

日看協の福井会長「すべての看護職員に十分な保障が必要」 医療職俸給表の見直し求める(6月28日)

日看協の福井会長「すべての看護職員に十分な保障が必要」 医療職俸給表の見直し求める(6月28日)

日本看護協会の福井トシ子会長は6月28日の会見で、中医協で議論が進められている看護の処遇改善について、対象者が看護職員の3分の1にとどまることを問題視し、すべての看護職員に十分な保障が必要との認識を示した。

地域でコロナ医療など一定の役割を担う医療機関に勤務する看護職員を対象に、今年10月以降の収入を3%程度(月額平均12,000円相当)引き上げるための処遇改善の仕組みを創設するべく、現在は中医

もっとみる
在宅医療で活躍する訪問看護ステーションが押さえておきたい令和4年度診療報酬改定の3つのポイント

在宅医療で活躍する訪問看護ステーションが押さえておきたい令和4年度診療報酬改定の3つのポイント

令和4年診療報酬改定で医療保険の訪問看護が変わっています!令和4年4月から、診療報酬の改定が行われました。その一環として医療保険の訪問看護も、質の高い在宅医療・訪問看護を提供するという観点から、さまざまな見直しが行われました。

この記事では、訪問看護ステーションが押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

ポイント1.専門管理加算の新設:施設基準を満たした場合に1月あたり2,500円の算定

もっとみる
日本医師会会長に松本吉郎氏が当選(6月25日)

日本医師会会長に松本吉郎氏が当選(6月25日)

日本医師会は6月25日に定例代議員会を開き、令和3年度決算や事業報告を了承するとともに、役員選挙を実施した。会長選は松本吉郎氏と松原謙二氏の一騎打ちとなり、松本氏が当選した。

得票数は、松本氏が310票、松原氏が64票、無効票が1票、白票が1票だった。

役員選挙後の会見で、松本氏は「政界、財界、関係職種を含めさまざまな連携をとり、日本医師会の使命を果たすべく努力する。新執行部の方々と一致団結

もっとみる
日本地域医療学会が記念集会を開催 サブスぺ認定へ地域医療総合専門医制度を開始(6月24日)

日本地域医療学会が記念集会を開催 サブスぺ認定へ地域医療総合専門医制度を開始(6月24日)

日本地域医療学会(理事長=小野剛・全国国民健康保険診療施設協議会会長)は6月24日に設立記念集会を開催した。地域医療総合専門医のサブスペシャルティ認定に向け、地域医療総合専門医制度を開始するとした。

シンポジウムでは、地域医療を支える総合診療医の意義と魅力を強調し、学会への入会を呼びかけた。

冒頭の情勢報告で、小野理事長は、「高齢化が進む日本の地域医療を支えるのは総合診療医だ。総合診療医の魅力

もっとみる
コロナ有識者会議の報告書とりまとめを受け永井座長が会見 司令塔機能のあり方を中心に検討(6月21日)

コロナ有識者会議の報告書とりまとめを受け永井座長が会見 司令塔機能のあり方を中心に検討(6月21日)

政府の新型コロナウイルス感染症対応に関する有識者会議の座長を務めた永井良三・自治医科大学学長が6月21日に会見を開き、これまでの議論を総括した。

永井座長は、「日本は諸外国と比べて、感染者数、死亡者数という意味ではよい成績をあげた。ただ、医療現場への負担、社会経済活動への負荷など、国民の納得感は必ずしも高くない。教訓を得て、次のパンデミックに備えなければならない。早く問題点を抽出して、必要なこと

もっとみる
【新刊】医科点数表の解釈(令和4年4月版)

【新刊】医科点数表の解釈(令和4年4月版)

各審査機関にも長年使用される医療関係者必携の書である「医科点数表の解釈(令和4年4月版)」を発刊しました。

「根拠のある情報」を「見やすさ」「使いやすさ」を重視して編集を行っている、類書中群を抜く正確さを誇る最高峰の点数表書籍です。

本書の構成「医科診療報酬点数表」では左欄に点数表告示、対応する右欄には留意事項通知、レセプト「摘要」欄への記載事項、Q&A等を掲載しています。レセプト「摘要」欄へ

もっとみる