見出し画像

国保保険料の賦課限度額を2万円引き上げ(2023年10月27日)

厚労省は10月27日の医療保険部会に、令和6年度の国民健康保険の保険料の賦課限度額引上げを提案し、了承された。医療分の賦課限度額を2万円引き上げ、106万円とする。

賦課限度額に該当する世帯割合は、令和5年度は1.33%。賦課限度額を据え置いた場合には令和6年度に1.42%となるところ、2万円引き上げるので1.35%となる。給与収入または年金収入を有する単身世帯の場合、収入が約1160万円を超える世帯が賦課限度額に該当する。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。