見出し画像

人材確保・働き方改革推進を重点課題に 社保審部会が6年度診療報酬改定の基本方針案を了承(2023年12月8日)

社会保障審議会の医療保険部会と医療部会は8日、令和6年度診療報酬改定の基本方針案について概ね了承した。【社会保険旬報編集部】

改革の基本的視点では、「現下の雇用情勢も踏まえた人材確保・働き方改革等の推進」を重点課題とし、医療従事者の人材確保や賃上げに向けた取組み、勤務環境改善、必要な救急医療体制の確保などを盛り込んだ。

今後、両部会の意見を踏まえて調整し、中医協に報告される。

基本的視点は4つ。

重点課題とした「人材確保・働き方改革等の推進」のほか、「ポスト2025を見据えた地域包括ケアシステムの深化・推進や医療DXを含めた医療機能の分化・強化、連携の推進」「安心・安全で質の高い医療の推進」「効率化・適正化を通じた医療保険制度の安定性・持続可能性の向上」を盛り込んだ。

それぞれの視点ごとに、より具体的な方向性を記している。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。