見出し画像

骨太方針、医療保険改革の方向性を示す(2024年6月21日)

政府は21日、「経済財政運営と改革の基本方針2024(骨太の方針2024)」を閣議決定した。全世代型社会保障の構築を目指し、医療提供体制見直しの方向性のほか、医療保険改革などを示している。薬価の中間年改定については、「あり方を検討する」と記述した。

重複投薬・重複検査を適正化

医療保険改革については、「給付と負担のバランスや現役世代の負担上昇の抑制を図りつつ、関連法案の提出も含め、各保険制度における総合的な検討を進める」と明記。改革を進めるに当たっては、審査支払機関による医療費適正化の取組強化、多剤重複投薬や重複検査等の適正化に向けた実効性ある仕組みの整備などをあげた。

中間年改定はあり方を検討

中間年改定となる2025年度薬価改定については「イノベーションの推進、安定供給確保の必要性、物価上昇など取り巻く環境の変化を踏まえ、国民皆保険の持続可能性を考慮しながら、そのあり方を検討する」とした。

関連記事


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。