見出し画像

医療・介護「リハビリ」「調整・連携」を議論(2017年4月19日)

厚労省は2017年4月19日、平成30年度の医療・介護同時改定に向け、第2回目の「医療と介護の連携に関する意見交換」を開催した。今回のテーマは「リハビリテーション」と「関係者・関係機関の調整・連携」。

リハビリでは、維持期リハビリを医療保険から介護保険に移行させることに関し、中医協の診療側の委員は介護保険の通所リハビリに移行する場合、病院では想定されていない「送迎」が障害となり、円滑な移行を妨げている点を指摘した。また医療保険と介護保険のリハビリ実施計画書について、改善を求める意見が相次いだ。
調整・連携については、「多職種が連携する場合、他の職種がどのような情報を求めているか共有できていない」「一堂に会することが難しい」などが指摘され、テレビ会議などICTの積極的な活用を主張する意見が出た。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。