見出し画像

吉田学氏が厚生労働事務次官に就任(10月1日)

厚労省は10月1日、吉田学内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室長が同日付で厚生労働事務次官に就任したことを発表した。

吉田事務次官は専門誌記者クラブで挨拶し、「コロナと日常生活の両立が喫緊の課題であるが、全世代型社会保障、少子化対策といった、この国のかたちをどう変えていき、人々の安全の基盤たる社会保障や雇用制度をどう考えていくかという厚生労働省の使命は変わらずにある」と述べた。

なお、樽見英樹前厚生労働事務次官は同日付で退任した。


 

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。