見出し画像

接触確認アプリ「COCOA」の機能を停止 11月17日より機能停止版アプリを配信(11月11日)

厚生労働省とデジタル庁が連携して保守・運用管理を行っている「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」について、陽性者の全数届出の見直しにより陽性登録が可能な人が限られることから、アプリの機能を停止する。

「COCOA」のダウンロード数および陽性登録件数実績。のべ約 4,120 万件がダウンロードされた

現在本アプリを利用している人は、11月17日より配信される「機能停止版アプリ(3.0.0)」にアップデートし、画面の案内に従い、機能停止の手続きを行う。手続き後、アプリを削除しても差し支えない。

また、今後の感染症における感染対策への IT ツールの活用の参考とするため、アプリ内で接触通知発生回数の調査を行う。調査への協力は任意。

本アプリは感染拡大の防止につながることが期待されるITツールとして、令和2年6月から運用を開始。のべ約4,120万件(11月4日現在)がダウンロードされた。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。