見出し画像

第2次健康日本21の進捗状況で喫煙の指標が改善(6月29日)

厚生科学審議会の健康日本21(第二次)推進専門委員会は6月29日、前回5月の会合に引き続き、具体的な目標を設定している各項目の進捗状況について議論した。

喫煙については、①成人の喫煙率の減少②未成年者の喫煙をなくす③妊娠中の喫煙をなくす④受動喫煙の機会を有する者の割合の減少―の4つを目標指標に掲げているが、いずれも改善している。

今後、さらに検討を重ねて来年夏に中間評価をまとめる方針。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。