見出し画像

製薬業界は消費税率引上げ時に薬価への上乗せを要望(10月17日)

中医協は10月17日の総会で、平成31年10月の消費税引上げに伴う薬価の改定について関係業界からヒアリングを実施した。日本製薬団体連合会の手代木功会長は、消費税率引上げに伴う薬価改定の31年10月実施と消費税率引上げ分の薬価への適切な上乗せを求めた。

2年に1回の通常改定と異なる臨時・異例の改定であるため、新薬創出加算、基礎的医薬品、最低薬価対象品目の薬価の維持を要望し、長期収載品の追加引下げ、再算定の実施に反対した。

日本医薬品卸売業連合会の鈴木賢会長は、9月取引分の薬価調査が消費税率引上げ分を薬価に転嫁することを目的としており、薬価改定は目的に沿って対応すべきと主張した。  


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。