見出し画像

外来医師が多い地域での開業で協議の場を設置(12月26日)

厚労省は12月26日の医療従事者の需給に関する検討会・医師需給分科会に外来医師の偏在対策を示した、外来を担う医師が多い地域を外来医師多数区域に指定し、そこで開業を計画する医師と地域の関係者が協議する場の設置を提案。

開業を計画する医師には、地域の医療ニーズの情報などを提供し、判断材料にしてもらう。それでも開業する場合は、在宅医療、救急医療、公衆衛生の機能を担うことを求める。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。