見出し画像

特養の定員総数が60万人を超える(11月21日)

厚労省は11月21日、平成29年度福祉行政報告例を公表した。特別養護老人ホームの定員総数が60万人を超えた。

老人ホームの総数は前年度から3.4%(425施設)増加し、1万3013施設となった。このうち特養が最も多く、9740施設を占める。 特養は4.5%(416施設)増加した。定員総数は前年度から3.0%(2万2076人)増加し、76万2618人となった。特養の定員は3.8%(2万2246人)増加し、60万2927人となった。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。