見出し画像

消費税引上げに伴う材料価格改定の基準を了承(1月16日)

中医協は1月16日の総会で、来年10月の消費税率引上げに伴う材料価格改定の骨子を了承した。保険医療材料専門部会が同日に了承して総会に報告した。消費税の転嫁のために市場実勢価格を踏まえて臨時的に材料価格改定を行う。

消費税率が8%から10%に引上げられるため、新材料価格は税抜きの実勢価格に1.1を乗じ、一定幅をプラスする。一定幅は、改定前の価格の4%に相当する額。再算定や機能区分の見直しは行わない。改定前の基準材料価格が54円未満のものに限り、小数点第1位を四捨五入する。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。