見出し画像

高齢者の医薬品指針(詳細編)のコンセプト協議(5月7日)

厚労省の高齢者医薬品適正使用検討会は5月7日、高齢者の医薬品適正使用の指針(詳細編)のコンセプトを協議した。平成31年度中に詳細編の最終報告をとりまとめる。

療養環境別に、追補1「外来・在宅医療」、追補2「慢性期・回復期等入院医療」、追補3「その他の療養環境(介護を含む)」に分類し、追補2は地域包括ケア病棟、追補3は介護医療院や老健施設を含み、急性期の入院医療は総論編に含む。追補に関する国民への啓発も作成する。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。