見出し画像

平均寿命は2年連続で低下ーー令和4年簡易生命表

厚生労働省は7月28日、「令和4年簡易生命表」の概況を公表した。令和4年の男の平均寿命は81.05年となり、令和3年の81.47年を0.42年下回る結果となった。女の平均寿命は87.09年で、令和3年の87.57年を0.49年下回り、男女ともに2年連続の低下となった。厚労省は2年連続の低下については、新型コロナウイルス感染症の影響が大きいと見ている。
平均寿命の国際比較を見ると、男は①スイス81.60年②スウェーデン81.34年③オーストラリア81.30、女は①日本87.09年②韓国86.60年③スペイン85.83年の順で高かった。

令和4年の死因別死亡確率を見ると、65 歳では男女とも0歳に比べ悪性新生物(腫瘍)の死亡確率が低く、心疾患、老衰の死亡確率が高くなっており、75 歳と 90 歳では更にこの傾向が強かった。


「令和4年簡易生命表の概況」より

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。