見出し画像

診療所の半数以上で個別接種が可能に 日医が集合契約の状況を公表(5月19日)

日本医師会の松原謙二副会長は5月19日の会見で、各医療機関が自治体から委託を受けて自院でワクチンを接種する「個別接種」を進めていく方針を示した。14日時点で、半数以上の診療所が個別接種のための自治体との委託契約を締結していることも報告した。

個別接種を医療機関が行うには、自治体と委託契約を結ぶ必要がある。医療機関と自治体が契約を交わす手間を省くため、代わりに日医が全国の医療機関と自治体との集合契約を行っている。松原副会長は、「日医を通じて集合契約を結んだ医療機関は14日時点で診療所45611、病院8004となった」と述べた。

前日の18日に開催された都道府県医師会長会議では、多くの都道府県医師会から、個別接種を拡大する意向が示されたという。 中川会長は、「政府には一刻も早いワクチンの確保と配送を、格別のご配慮でお願いしたい。日医会員一同、態勢を整えてお待ちする」と述べた。

会見する日本医師会・松原謙二副会長

 

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。