見出し画像

根本厚労相が健保法等正案の趣旨説明(3月19日)

根本匠厚生労働大臣は3月19日、衆議院厚生労働委員会において「医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法等の一部を改正する法律案」の趣旨説明を行った。

同法案には、①医療保険の被保険者資格のオンライン資格確認の導入②オンライン資格確認及び電子カルテ等の普及のための医療情報化支援基金の創設③高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施の仕組みの構築④NDB(医療保険レセプト情報等のデータベース)と介護DB(介護保険レセプト情報等のデータベース)などの連結解析を可能とすること④被扶養者等の要件の見直し、国保の資格管理の適正化⑥審査支払機関の機能の強化─などが盛り込まれている。 施行は一部を除き2020年4月。  


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。