見出し画像

急性期入院基本料・入院料1の看護等必要度Ⅰは35.7%(11月5日)

福祉医療機構は11月5日、平成30年度診療報酬改定等の影響に関するアンケート調査の結果を発表した。急性期一般入院基本料は大半が改定前と同等の入院料を算定しており、収益の変化は「横ばい」との回答が4割を占めた。

入院料1で30%が要件となっている「重症度、医療・看護必要度1」の該当者割合の平均は35.7%だった。 地域包括ケア病棟入院料は入院料1で6割弱が「増収」で、許可病床200床未満の約半数が入院料1・入院料3を算定していた。療養病棟入院基本料は約半数で収益が「横ばい」だった。調査は、1331病院を対象としたが有効回答率は3.7%(187病院)にとどまる。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。