見出し画像

令和3年度の社会福祉士国家試験は来年2月6日に実施(8月20日)

厚労省は20日、第34回(令和3年度)の社会福祉士国家試験を来年2月6日に実施することを公表した。

合格発表は来年3月15日。受験書類の提出先は社会福祉振興・試験センターであり、受付は9月9日から10月8日まで。受験手数料は1万9370円(精神保健福祉士との同時受験者は1万6840円。科目免除者は1万6230円)。今回は新型コロナウイルス感染症対策のため、受験手数料を値上げする。

また厚労省は第24回精神保健福祉士国家試験を来年2月5日及び6日に実施することも公表した(社会福祉士との共通科目は2月6日に受験する)。 受験手数料は2万4140円(社会福祉士との同時受験者は1万9520円。科目免除者は1万8820円)。新型コロナ対策のため受験手数料を値上げする。

合格発表の日や、受験書類の受付期間・提出先は社会福祉士と同様である。

いずれも受験申込書の請求や試験に関する照会は、社会福祉振興・試験センターまで(http://www.sssc.or.jp  試験案内専用電話番号03-3486-7559)。

参考:第34回社会福祉士国家試験の施行について/第24回精神保健福祉士国家試験の施行について   

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。