見出し画像

日精協が社員総会を開催(2月8日)

日本精神科病院協会は2月8日、臨時社員総会を開催した。山崎學会長は医師の働き方改革について、「医師が働く時間を制限するのなら、医師を増やさなければいけない。医師養成の問題を含めて検討すべき」と述べた。

社員総会は、「精神障害にも対応した地域包括ケアシステム」に関する決議を行った。決議は、厚労省が推進する「精神障害にも対応した地域包括ケアシステム」の構築事業が、精神科病院の入院患者の「退院促進に偏重しているのは由々しき事態」として、事業のあり方を問題視している。  

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。