見出し画像

神戸市の認知症診断助成制度がスタート(1月24日)

神戸市は1月28日、認知症の早期診断・早期発見を推進するため、65歳以上の市民を対象とした診断助成制度を開始する。診断助成制度は2段階方式で、認知機能検診(認知症の疑いの有無を診断)と認知機能精密検査(認知症かどうかと、病名を診断)がある。

また、認知症事故救済制度も4月1日から開始する。①認知症の人が事故で責任を負った場合、最高2億円を支給(保険料は市が負担)②事故にあった場合、最高3000万円の見舞金を支給(全市民対象)-を実施する。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。