見出し画像

医師の働き方改革の議論が厚労省の検討会で再開(7月1日)

検討会の様子

厚労省の「医師の働き方改革の推進に関する検討会」は7月1日、改正医療法の成立に伴い、2024年度の医師の働き方改革の施行に向け、検討会の議論を再開した。同日は、今後のスケジュールの大枠を確認したほか、勤務医に対する情報発信に関する作業部会の設置を了承した。

厚労省からは、医師労働時間短縮計画のひな型が示された。厚労科研調査研究事業による「医師の働き方改革の地域医療への影響に関する調査」(研究代表者=裵英洙・慶大特任教授)の 結果も報告された。

今後、医師に対する時間外労働規制の適用に向けた具体的な議論を進めていく。年度内に医師の労働時間短縮等の厚生労働大臣指針を策定するため、その検討が必要になる。追加的健康確保措置の詳細や医療機関勤務環境評価センターの運営に関する事項の検討も急がれる。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。