見出し画像

中医協が2022年度薬価改定の課題と議論の進め方を了承(4月21日)

中医協の薬価専門部会は4月21日、2022年度薬価改定に向けた課題と今後の議論の進め方を了承した。2020年度改定と2021年度改定の骨子に記載されている事項や政府の他の会議等の意見について、関係業界や薬価算定組織からの意見聴取を踏まえつつ、議論を深めていく。

同日の部会では、支払側委員が、市場実勢価格に合わせて薬価を下げる場合に配慮される調整幅2%の引下げを提案した。これに対し日本医師会の松本吉郎委員は、「むしろ引上げが必要」と反対した。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。