見出し画像

諮問会議が骨太方針に向け「オンライン診療等の高度化が重要」(5月29日)

経済財政諮問会議は5月29日、骨太の方針2020に向けて議論した。安倍晋三首相は、「骨太方針において、新型コロナによる国民意識や世界情勢の変化を踏まえた、日本が目指すべき経済社会の姿の基本的な方向性を示す」と述べた。

民間議員は意見書を提出し、「医療体制の強化や治療薬・ワクチンの開発強化をはじめ『検査・接触確認・救命と感染遮断』を実現し、感染予防と経済活性化の両立を図るべき」と主張した。

今後は遠隔診療・遠隔服薬指導を推進する方向を示し、「健康・予防の徹底、電子カルテ普及等のデータの利活用の加速、オンライン診療等の高度化」の重要性が再認識されたとの認識も示した。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。