見出し画像

2万回接種で3例の副反応疑い「安全性に重大な懸念なし」厚労省審議会の合同部会(2月26日)

厚生科学審議会の予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会と薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会の合同部会は2月26日、新型コロナワクチンの副反応疑い報告を検討した。

2月25日までに2万1896回の接種が行われ、医療機関から3件の副反応疑い報告がなされたが、いずれの事例も重篤ではなかった。合同部会は、「これまでのところ新型コロナワクチンの安全性に重大な懸念はない」との認識で一致した。

合同部会では、接種後の健康調査の対象となる医療従事者1万9800人への1回目の接種がすでに2月25日までに済んでいることも報告された。

合同部会の様子

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。