見出し画像

指定難病に2疾病を追加(4月4日)

厚生科学審議会の疾病対策部会は4月4日、平成31年度から医療費助成対象の指定難病に2疾病を追加するとともに、厚労大臣への2疾病の追加の答申を了承した。

膠様滴状角膜ジストロフィーは、角膜にアミロイドが沈着して著明に視力が低下し、患者数は400人。ハッチンソン・ギルフォード症候群は、遺伝性早老症の中で最も症状が重篤であり平均寿命は14.6歳で、患者数は100人未満。  

疾病対策部会の様子

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。