見出し画像

健保連の令和3年度決算は▲825億円の赤字に 高齢者等拠出金は3.0%の伸び(10月6日)

健康保険組合連合会は10月6日、令和3年度決算見込みを発表した。令和3年度決算見込みの経常収支は▲825億円の赤字となり、平成25年度以来8年ぶりに赤字となった。

保険料収入の伸びは前年度比1.0%増と低い水準だが、保険給付費は前年度比8.7%増と大きく伸びた。高齢者等拠出金は3.0%の伸び。

赤字組合数は740組合で前年度より282組合増加し、全体の53.3%となった。

今後の見通しとして、令和4年度は一時的な高齢者拠出金の精算戻り等の支出減少により、収支が一時的に減少する。令和5年度以降は、団塊世代が後期高齢者となることで拠出金が増加し、さらなる財政悪化が見込まれるとした。

佐野雅宏副会長は「高齢者医療の枠組みを見直し、現役世代の負担上昇を抑えることが必要」と主張した。

健康保険組合連合会 佐野雅宏副会長=10月6日

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。