見出し画像

認知症疾患医療センター全国研修会が滋賀で開催(11月3日)

第6回認知症疾患医療センター全国研修会滋賀県大会が11月3日、開催された。滋賀県で展開する8つの認知症疾患医療センターの主な取り組みの紹介と、診療所による連携型認知症疾患医療センター3カ所の実践、認知症研究の動向も報告された。

滋賀県で中心となっている藤本クリニック(連携型認知症疾患医療センター)の藤本直規理事長は、認知症の診断・治療以外にも、NPO法人を立ち上げ取り組んでいる、若年認知症の人達などが参加して内職仕事を行う「仕事の場」について説明。診療所による連携型として緊急受診への柔軟な対応や、「初期の人が増えている」として対応を拡充していく意向も示した。  

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。