見出し画像

日本医師会常任理事の松本吉郎氏が会長選出馬で会見(5月24日)

日本医師会常任理事の松本吉郎氏は5月24日、6月に行われる日医会長選への出馬を表明する記者会見を行った。

日医会長選挙への立候補を表明する松本吉郎氏(ステーションコンファレンス東京、5月24日)

松本氏は、日医の使命が「国民の健康と命を守る」ことであることを強調。日医と地域医師会が一致団結し、国民や医師に信頼される組織とするため、全力で取り組む考えを示した。

副会長候補として、茂松茂人・大阪府医師会会長、角田徹・東京都医師会副会長、猪口雄二・全日本病院協会会長(日医副会長)が出席した。釜萢敏・日医常任理事も常任理事候補として、同席した。

松本常任理事は、現時点で、九州医師会連合、関東甲信越医師会連合、中部医師会連合、東北医師会連合から推薦を得ていることを明らかにした。茂松大阪府医師会会長は、近畿医師会連合としても推薦できることを報告した。

なお、現日医会長の中川俊男氏は23日の会見で、会長選に立候補しないことを表明している。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。