見出し画像

全自病の邉見会長が退任「チーム医療を推進」(6月20日)

全国自治体病院協議会の邉見公雄会長は6月20日、翌21日の総会で会長を退任するのを前に会見し、「やりのこしたことは多いが、当協議会が空中分解しないように仲良くできたと思っている」と10年間の会長在任期間を振り返った。力を入れて取り組んだこととして、「チーム医療の推進と、外科手術の評価の引き上げ」をあげた。

邉見会長は、地域医療に関係するNPO法人を7月に立ち上げる考えを明かした。「医療やケアについての地域住民への啓発や、医療やケアを学校教育に組み入れていくことに取り組んでいきたい」と話した。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。