見出し画像

日医と知事会が新型コロナ対策で意見交換会を開催(10月5日)

日本医師会と全国知事会は10月5日、新型コロナウイルス感染症に関する意見交換会を開いた。

2日に知事会がまとめた「緊急事態宣言等の解除を受けた緊急提言」を踏まえて、感染拡大防止対策の徹底や出口戦略、検査・医療体制や水際対策の強化、ワクチン接種の円滑な実施について議論した。今後、定期的に開催していく意向だ。

意見交換会で日医の中川俊男会長は、「本会と全国知事会は基本的には同じ方向を向いていると認識している。日本の医療は都道府県が担っており、都道府県医師会と行政の連携が不可欠だ。これからも意見交換を重ねていきたい」と述べた。

一方、知事会の平井伸治会長(鳥取県知事)も「これからの第6波に向けてみなさんのお力を賜り、一緒になって命や健康を守る戦いを続けていきたい。私たちは第5波の総括をしようと考えているが、その際にはみなさんの意見をうかがいたい。併せて住民や国民への共同メッセージや、共同で予算編成への要望をすることなども考えられる」と共同歩調をとる考えを示した。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。