見出し画像

厚労省が来年度予算の概算要求を公表(8月27日)

厚労省は8月27日、令和2年度予算の概算要求を公表した。一般会計は過去最大の32兆6234億円となった。対前年度比は2.1%増。大部分を占める年金・医療等の経費は30兆5269億円で1.8%増となっている。うち年金が12.1兆円、医療が11.9兆円、介護が3.1兆円、障害が1.8兆円、福祉その他が1.7兆円。

医療の内訳をみると、協会けんぽは1兆2912億円、国民健康保険は3兆3282億円、後期高齢者医療は5兆3274億円、公費負担医療が1兆9130億円。社会保障関係費については毎年度、増加を5千億円を下回る額に抑制する予算編成が行われており、令和2年度予算においても一定程度の圧縮が行われる見通しにある。

また、予算のメリハリをつけるために設けている優先課題推進枠には、2239億円を要望している。「多様な就労・社会参加の促進」「健康寿命延伸等に向けた健康・医療・介護の充実」「安全・安心な暮らしの確保等」をテーマとした各種施策の中で、重点要望を行っている。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。