見出し画像

横倉会長が医師の働き方改革や予防・健康づくりで所信(6月24日)

日本医師会の横倉義武会長は6月24日の臨時代議員会で、新会長としての所信表明を行った。医師の働き方改革については、「医師のプロフェッショナルオートノミーをもって『地域医療の継続性』と『医師の健康への配慮』の両立を図ることが重要だ。今後も医師の働き方改革の議論をリードし、しかるべき答えを導き出していく」と述べた。

かかりつけ医機能の拡充については、「今後、人生100年時代を迎える中では、健康寿命のさらなる延伸が重要。そのため予防、健康づくりに向けた取り組みについても、かかりつけ医がより積極的に関与していくことが必要だ」と述べた。予防・健康づくりの取り組みでは、「都道府県医師会の協力を仰ぎながら、日本健康会議のいわば都道府県版を設置し、地域性などに配慮した予防、健康づくりを推進していく」と述べた。

一方、日医総研を中心に現在、新たな医療のグランドデザインを作成していることを表明し、「基本命題は『人はひとたび生を受ければ、無条件で尊重され守られるべき存在』ということだ」と述べた。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。