見出し画像

軽症・中等症用のコロナ治療薬ゼビュディ点滴静注液を特例承認(9月27日)

厚労省は9月27日、新型コロナウイルス治療薬としてグラクソ・スミスクライン株式会社のモノクローナル抗体「ゼビュディ点滴静注液500mg」(一般名ソトロビマブ(遺伝子組換え))を特例承認した。

新型コロナの患者のうち、重症化リスク因子をもち、酸素投与を必要としない、軽症から中等症Ⅰの患者を対象に投与する。

グラクソ・スミスクラインは、ゼビュディの供給について、「当面の間は、日本政府による購入および流通に関して合意している。迅速かつ適切に供給できるよう、引き続き日本政府とともに協働していきたい」とのコメントを公表している。

ゼビュディは、米国では5月26日に緊急使用許可を受けている。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。