見出し画像

社会福祉士の養成カリキュラムを改正へ(3月16日)

社会保障審議会・福祉部会の福祉人材確保専門委員会は3月16日、報告書「ソーシャルワーク専門職である社会福祉士に求められる役割等について(案)」を大筋で了承した。

報告書案では、複合化・複雑化した課題に対する包括的な相談支援体制などの構築において、「社会福祉士がソーシャルワークの機能を発揮することが期待されている」と指摘。社会福祉士の養成カリキュラムの見直しを提言した。厚労省はこれを踏まえ、今年度にカリキュラムを改正する予定だ。社会福祉士の業務実態などの調査も行う考え。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。