見出し画像

公私病連が診療報酬や働き方改革で決議(6月20日)

全国公私病院連盟は6月20日の定時総会で、診療報酬などについて決議を採択した。

診療報酬については「積算根拠を明らかにして広く国民の理解を得るべきもの。予算原案提示前であっても、改定予定項目のアウトラインを開示すべき」とした。

医師の働き方改革では「医師は一般労働者と異なり生涯学習者であり、ある意味職人の一面もある。働き方改革の方針を勤務医にも一律性急に適応するのには反対」とし、慎重な対応を求めた。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。