見出し画像

地域医療構想実現へ3県5区域の重点支援区域を公表(1月31日)

厚労省は1月31日、地域医療構想の実現に向けた重点支援区域の1回目の選定結果を公表した。3県5区域を指定。

◇「宮城県」仙南区域(公立刈田綜合病院、みやぎ県南中核病院)、石巻・登米・気仙沼区域(登米市立登米市民病院、登米市立米谷病院、登米市立豊里病院)◇「滋賀県」湖北区域(市立長浜病院、長浜市立湖北病院、長浜赤十字病院、セフィロト病院)◇「山口県」柳井区域(周防大島町立大島病院、周防大島町立東和病院、周防大島町立橘病院)、萩区域(萩市立萩市民病院、医療法人医誠会都志見病院)。

申請は随時募集しており、今後も複数回に分けて実施する。

厚労省は、重点支援区域に対し技術的支援や財政的支援を行うことで、医療機能の再編や病床削減についての地域医療構想調整会議での方向性の決定を目指す。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。