見出し画像

新型コロナワクチンの接種促進へ財政支援 週150回以上の接種続けば1回あたり5070円に(5月25日)

厚労省は5月25日、新型コロナワクチンの診療所での個別接種を促進するための財政支援策を事務連絡した。

診療所が週100回以上の接種を7月末までに4週以上行う場合、週100回以上接種した週の接種回数に対して1回当たり2000円を追加で交付する。

週150回以上の接種を7月末までに4週以上行う場合は、週150回以上の接種をした週の接種回数に対して1回当たり3000円を追加で交付する。

現行の接種費用は原則、1回あたり2070円だが、今回の新たな財政支援はこれとは別途に交付される。

このほか、病院への支援策も示されている。

医療機関への交付は、都道府県が行う。財政支援の対象期間は、5月10日の週から7月末まで。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。