見出し画像

日医・埼玉県医・埼玉県が糖尿病重症化予防へ協定(9月19日)

日本医師会と日本糖尿病対策推進会議(横倉義武会長)、埼玉県医師会と埼玉糖尿病対策推進会議(金井忠男会長)、埼玉県(上田清司知事)は9月19日、「かかりつけ医の糖尿病診療の推進と重症化予防に向けた連携協定」を締結した。同日、横倉会長、金井会長、上田知事が埼玉県庁で協定書に署名した。

協定では、①行政主体の糖尿病重症化プログラムと医師会(および糖尿病対策推進会議)主体の研究事業は、それぞれの推進で連携強化を図る②県民の健康寿命の延伸に向けて、糖尿病重症化予防を広範に進めるとともに、かかりつけ医による効果的な糖尿病診療の推進を行う―を宣言した。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。