見出し画像

日医の外国人医療対策委員会が報告書まとめる(3月4日)

日本医師会の松本吉郎常任理事は3月4日の会見で、会内の「外国人医療対策委員会」がまとめた報告書を発表した。

外国人患者を受け入れる拠点的医療機関について、「現在の制度では拠点的医療機関に選定されることについてメリットよりもデメリットを感じている」と指摘し、国に対して医療機関に選定されることがデメリットにならないよう、経済的な支援を含めて積極的な施策を講じることを求めた。

厚労省の外国人受け入れ整備事業については、「大変有効な施策」と評価した上で、「都道府県医師会や中小病院、診療所などが応募しやすくなるよう、予算の充実や期間の伸長、手続きの簡素化が望まれる」と地域の中小病院や診療所への支援を要望した。  

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。