見出し画像

健保連が大塚会長を再任、佐野氏が副会長に(4月13日)

健保連は4月13日の臨時総会で、任期満了に伴う役員改選を行った。会長には大塚陸毅会長を再任。白川修二副会長・専務理事は退任し、後任は佐野雅宏・健保連東京連合会会長が就任した。

3期目となる大塚会長は「来年10月に予定している消費税引き上げに備えて、高齢者医療制度へのより一層の財源の手当が必要。年末には消費税の引き上げも含めた平成31年度の政府予算編成が固まるが、その予算編成に我々の主張を盛り込むことが今期の健保連活動の最大の目標だ」と訴えた。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。