見出し画像

中医協・薬価部会で卸・製薬業界「薬価調査実施する状況にない」(6月10日)

中医協の薬価専門部会は6月10日、令和2年度の薬価調査について関係業界からヒアリングを実施した。日本医薬品卸売業連合会の渡辺秀一会長は、「ほとんどの医薬品卸は医療機関・保険薬局からの要請で営業活動を自粛し、価格交渉ができていない」と報告。日本製薬団体連合会の手代木功会長は、製薬業界はCOVID-19の治療薬やワクチンの研究や医薬品の安定供給に全力で取り組んでいると説明した。そのうえで両者とも、薬価調査を実施する状況にはないと主張した。

診療側委員からは、今年度の薬価調査実施に否定的な意見が出された。一方、支払側委員からは、現時点では薬価調査を実施する前提で、適切な調査方法を議論すべきとの意見が出された。

薬価調査を実施するか否かについては、政府の骨太の方針も踏まえ決定される見通し。厚生労働省は、薬価調査を実施する場合に備えて、6月中に販売側調査の抽出率や購入側調査の実施方法等の方向性を固めたいとしている。

オンラインで開催された10日の薬価部会

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。