見出し画像

日医が新型コロナ感染症の診療で事務連絡(3月11日)

日本医師会の釜萢敏常任理事は3月11日の会見で、同日に厚労省が「新型コロナウイルス感染症が疑われる者の診療に関する留意点について」の事務連絡を発出したことに伴い、都道府県医師会と郡市医師会に事務連絡を発出したことを発表した。

厚労省は、全患者の診療において標準予防策のサージカルマスクの着用と手指衛生の励行の徹底を求めた。

日医は、現状で新型コロナウイルス感染症の知見が得られていないため、例えばインフルエンザなどの場合には検査せずに臨床診断で治療薬を処方することの検討を指摘した。  

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。