見出し画像

全自病が医師の働き方で会員病院に指針(9月13日)

全国自治体病院協議会は9月13日の会見で、10月半ばに会員病院に医師の働き方改革で指針を示す方針を明らかにした。医師の労働と自己研鑽の切り分けでは、一般の医師と若い研修医・専攻医における労働と自己研鑽のバランスの目安を示す。

厚労省の医師の働き方改革検討会に医師の時間外労働や宿日直許可基準の見直しの提言を行うため、10月中にたたき台をまとめる。  

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。