見出し画像

日医の中川会長「全ての医療機関に具体的な経営支援へ」(7月1日)

日本医師会の中川俊男会長は7月1日の会見で、新執行部の職務分担を発表した。新たに医療機関の経営支援の担当として松本吉郎常任理事を充て、会内委員会を新設する考えを明らかにした。

現在、新型コロナウイルス感染症の影響で医療機関経営が逼迫していることを指摘し、「日医として全ての医療機関に対し具体的な支援をしたい」と述べた。新設の委員会で具体例を検討して改善策を打ち出すとともに、政府への財政的な支援も継続して求める考えを示した。

職務分担の考え方については、「前執行部の機能をさらにリニューアルする、ブラッシュアップする、パワーアップするという3つの視点で考え、役員ごとの職務の偏り解消にも配慮した」と述べた。

中医協の診療側委員については現在の委員を継続させる意向を示し、日本病院団体協議会の推薦で委員を務めている猪口雄二副会長についても「現時点ではそのまま継続していただきたいと思っている」と述べた。

代議員会で了承された横倉義武前会長の名誉会長の役割については、「私の責任でいろいろと考えていきたい」と述べた。

◎日本医師会執行部職務分担表(役員別、敬称略)6月30日現在

【会長】中川俊男(総括)

【副会長】◇今村聡(総務担当)◇松原謙二(学術担当)◇猪口雄二(政策担当)

【常任理事】◇羽鳥裕(健康スポーツ、学術・生涯教育〈医学会〉、倫理、医療廃棄物、公衆衛生・禁煙対策・がん対策)◇釜萢敏(地域医療、医療関係職種、感染症危機管理対策・予防接種)◇松本吉郎(総務、医療保険、共同利用施設、環境保健)◇城守国斗(広報、医療安全、医賠責、医師国保、日医総研)◇長島公之(医療政策、情報、救急災害医療、労災・自賠責、年金、会員情報〈電子認証センター〉)◇江澤和彦(介護保険・福祉〈認知症を含む〉、精度管理、精神保健〈障害を含む〉、図書館)◇橋本省(財務、国際、勤務医、病院)◇宮川政昭(税制、薬事、健・検診、治験促進センター)◇渡辺弘司(学校保健、先端医療〈遺伝子医療、再生医療、生殖医療、臓器移植等〉、周産期・乳幼児保健、医事法制、検案)◇神村裕子(産業保健、国民生活安全対策、有床診療所、会員福祉、男女共同参画、女性医師支援センター)

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。