見出し画像

介護従事者の平均給与が1.4万円増(4月4日)

厚労省は4月4日の社会保障審議会・介護給付費分科会に、平成29年度介護従事者処遇状況等調査結果を報告した。介護職員処遇改善加算に29年度から新たに導入された加算Ⅰを取得した事業所の介護職員(月給・常勤)の28年と29年の平均給与額を比較したところ、1万3660円増加したことが分かった。

29年度は、介護職員の処遇改善を狙いに臨時の介護報酬改定が実施された。分科会では複数の委員が介護職員の処遇改善が進んでいることを評価した。

また分科会では、30年度介護報酬改定の効果検証のために「介護ロボットの効果実証に関する調査研究事業」など7件の調査を実施することが決まった

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。