見出し画像

医師の働き方改革「医療団体が一つにまとまれるか」(6月20日)

厚労省の鈴木康裕医務技監は6月20日の全国公私病院連盟の総会で講演した。

医師の働き方改革では、時間外労働時間の上限について「機械的に線を引くと、一定の診療科にとっては壊滅的な影響をもたらす。どのような形で例外を設けるかが大事。医師法のなかに特別条項を加えるか、労働基準法のなかに例外規定を設けるかも考えられる。ただ、開業医は労働者ではないため、医療関係団体が一つにまとまれるのかが問題だ」と述べた。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。