見出し画像

ICERによる薬などの価格引下げは2段階に(11月7日)

厚労省は11月7日、中医協の「費用対効果評価専門部会・薬価専門部会・保険医療材料専門部会合同部会」に費用対効果評価において、医薬品などの価格調整の指標となるICER(増分費用対効果費)による価格調整を2段階とする案を示した。

これまではICERの値により連続的な引き下げとしてきた。しかし、ICERの値が一つに定まらないことが多く、幅のあるICERに対応できる仕組みとする。ただ委員からはさらに整理した上で、判断したいとの意見が相次ぎ、結論は出さなかった。  

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

社会保険研究所ブックストアでは、診療報酬、介護保険、年金の実務に役立つ本を発売しています。